建築基礎設計士とは?《資格概要》

資格の必要性

 建築物に必要不可欠な基礎構造。その設計を行なうには、基礎構造はもとより、土質力学や上部構造、施工性やコストなど専門的な広い知識が必要になります。米国では一定規模以上の構造物については、上部構造を担当するSE(Structural Engineer)とともに、基礎構造は高度な専門知識を持つGE(Geotechnical Engineer)のチェックが義務付けられています。
 日本ではこのような基礎構造に特化した資格はなく、一級・二級建築士などの構造設計者が基礎構造も含めて設計することになっています。しかし、建築系学科に地盤や基礎構造を専門とする講座が少ないこともあって、構造設計者には上部構造の設計には堪能でも基礎構造の設計は苦手な方も少なくありません。基礎構造の設計の基本となる土質力学は、鋼材やコンクリートなどと比べて材料特性のばらつきが非常に大きい地盤を相手にすることや、有効応力など他の分野にはない概念が多いことから敬遠されるようです。このため、基礎専門建設会社などの技術者が基礎構造の設計を「提案することが多いのですが、彼らの大半は建築の構造設計に関する資格を持っていません。

資格制度の経緯

 そこで、基礎構造物の設計に関する資格について検討するため、2006年に社団法人建築研究振興協会内に「基礎設計士制度諮問委員会(委員長:岸田英明東京工業大学名誉教授)」が設立され、資格のコンセプト・資格認定試験の運営方法・試験問題・テキストの内容などについて検討されました。また、並行して資格認定試験も3回試行しました。その結果、基礎設計士制度は、設計担当者の能力向上だけでなく、営業・工事・技術などの担当者にも基礎の設計やその基本になる土質力学や基礎構造などの勉強に非常に有効であることが確認されました。
 この2年間の検討と試験の試行のあと、2008年に試験を運営・実施する「建築基礎設計士試験運営委員会」が、社団法人建築研究振興協会の受託委員会として設立されました。その後、2012年度からは、新たに設立された本研究会の委員会となっています。

建築基礎設計士(補)試験

 このような経緯で誕生したのが、基礎構造の設計力を客観的に評価するための建築基礎設計士試験です。基礎設計技術者の技量の確保・向上、および構造設計者の土質力学・地盤工学の習得などを目的として行われています。そして、この試験の合格者に与えられるのが、「日本版GE」ともいえる「建築基礎設計士」の資格です。また、平行して行われる建築基礎設計士補試験の合格者に与えられるのが、「建築基礎設計士補」です。
 旧制度下での認定者数は、建築基礎設計士が29名、建築基礎設計士補が58名となっています。2012年度から始まった新制度(本研究会による登録制度)では、現在まで、34名の建築基礎設計士と60名の建築基礎設計士補が登録されています。なお、「基礎設計」には杭基礎(既製杭・鋼管杭・場所打ち杭)の設計だけでなく、地盤改良や直接基礎の設計も含んでいます。


建築基礎設計士試験運営委員会

 本会に置かれている「建築基礎設計士試験運営委員会」では、テキストの編集・発行、試験問題作成、試験の受付・実施・採点、合否判定、合格書証授与、登録手続き、登録証発行、実技・更新講習の実施など試験の運営全般を行っています。 現在の委員は、下記のとおりです。

 

委員長
冨永晃司(広島大学名誉教授)
委 員
松尾雅夫(安井建築設計事務所)
阪上浩二(山下設計)
郡 幸雄(日建設計)
大西智晴(不動テトラ)
沼田太樹(アサノ大成基礎エンジニアリング゙)
事務局
小椋仁志 (基礎構造研究会)