お知らせ

一般社団法人 基礎構造研究会

 日ごろ建築物の構造設計に励んでおられる構造設計者の皆様でも、ばらつきが大きい地盤が相手で、「有効応力」などの耳慣れない言葉が出てくる基礎構造の設計は苦手という人が少なくないと思います。このような構造設計者を手助けしたい、また、杭メーカー等の基礎構造関係の技術者のレベル向上を図りたい、との思いから発足したのが「一般社団法人 基礎構造研究会」です。現在の代表理事は、東北大学名誉教授の杉村義広が務めています。

 設立目的の「国内外の建築・土木構造物の基礎構造の設計・施工技術の向上と普及」に沿って、現在以下の3つの業務を重点的に行っています。

■関連図書の出版→「建築基礎構造の設計(建築基礎設計士テキスト2015年版)」
■講習会などの開催→建築基礎設計の実技講習会
■設計技量の認定→建築基礎設計士(補)の試験・認定

それぞれのページには、詳細な説明やお申込みシートがついています。ぜひ、ご覧ください。

アーカイブ